溶断・開先・極厚鋼板加工のパイオニア。茨城県から匠の技を世界中に配信していきます。

歴史・沿革

沿革年表

常磐鋼板工業株式会社

1967年 (昭和42年) 10月 設立

日紅スチールセンター株式会社

1970年 (昭和45年) 6月 設立

2007年
(平成19年)
4月
常磐鋼板工業株式会社と
日紅スチールセンター株式会社が統合、
北関東スチール株式会社設立
2007年
(平成19年)
8月~10月
第1工場増築 アイトレーサー3機を移設
第1工場 NC溶断機更新
(TECHNOGRAPH5500)
第1工場 6kwレーザ切断機新設
(LASTERTEX-4560Z)
第2工場 NC溶断機更新
(KT-650J)
第1工場 プラズマ溶断機新設
(TFG6045 ガントリーツイスター)
2007年
(平成19年)
10月
滑川工場 / 旧日紅スチールセンターを移転、
本社工場 / 旧常磐鋼板工業へ集約
2008年
(平成20年)
12月
第1工場 NC溶断機更新
(TECHNOGRAPH5500)
2009年
(平成21年)
6月
第3工場を厚板工場へ改修
(JFE電磁鋼板の千葉工場への移転を受け、
賃貸していた第3工場に建機向けラインを設置)
2011年
(平成23年)
3月
東日本大震災
福島第一原子力発電所で使用される
汚水タンク用部材の製造などを通じ、復興へ貢献。
2014年
(平成26年)
3月
第3工場 自動開先機更新
(VXW-3000)
2014年
(平成26年)
8月
ISO9001 認証取得
2017年
(平成29年)
9月
第2工場 SuperNC導入(UNITEX-6500DD)
ガントリー型 ドリルユニット搭載 最大幅5,350mm 最大厚500mm
2017年
(平成29年)
12月
第1工場 プラズマ溶断機増設(PC-8800)
有効切断幅 2,800mm 有効切断長さ 9,600mm
2018年
(平成30年)
5月
第2工場 油圧ジャッキ式矯正機導入(自社製)
矯正能力 300トン   ベッド寸法1,200mm×5,000mm
2018年
(平成30年)
12月
第2工場 アイトレーサー更新(PC-300)
有効切断幅 3,100mm   有効切断長さ 7,000mm
PAGETOP